カテゴリー
カレンダー
2015年8月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • 注意点とは

    意売却における注意点は、まずはとにかく短期間での転売を目指すことです。そのために

  • これからの売却

    意売却とは、所有する不動産のローン返済が滞った時に、競売を避けるために自分で売却

高く売却するために

不動産を保有する上で、ローン返済に窮する事態に陥ることは割とよくあるものです。
購入当初の計画通りにいかず、ローン返済が滞るようになれば、差し押さえられて競売にかけられる事にもなります。
そのような事態を避けるために、自分で処分する任意売却は、競売のように格安で手放すことを回避できるメリットがあります。
ローンの残債を一括で支払うために、あるいは少しでも減らすために売却金額を高く設定する事が可能となります。
競売にかけられてしまうと、入札方式を取ることにより相場よりもはるかに安い金額で売却されることになり、場合によればローンを全て払うことができずに借金たけが残ることになってしまいます。
それを防ぐことができるわけです。

不動産の任意売却はこれまで、専門業者が扱うことが多かったものです。
競売で処分されるよりは条件が良いとはいえ、やはり相場と比べると安い金額で処分されるために、売却金額全てを充てても借金が残るケースは多かったものです。
けれども今では、一般の仲介業者も取り扱うようになっているために、より良い条件で手放すことができるようになってきています。
通常の不動産売却として扱われるために、相場と変わらない金額で買い手を探すことができるわけです。
もちろん、そのための仲介業者は金融機関の審査を通ったところしか依頼することができませんが、大手の販売業者であれば問題なく依頼することができます。
そして短期間において売却活動を行ってくれることになります。

また、任意売却にはコツがあります。
まずは基本的に、返済に窮しての事情があることは表には出さないことです。
そうと知れたならば、値下げ交渉をされることになるために、業者としても様々なアドバイスをしてくれます。
たとえば内見の際の室内を極力整理しておくことや、綺麗にしておくことが大切であることを指摘されます。
売却理由に関してもアドバイスを受けることができます。
物件の売却はある意味、売り手と買い手との駆け引きが必要になるものなので、少しでも高い金額となるように助言してくれることになるわけです。
また、場合によっては業者自らが買い取りを行うケースもあるので、相場よりも安い金額にはなりますが、緊急を要する場合には検討することもできます。

オススメリンク

注意点とは

任意売却における注意点は、まずはとにかく短期間での転売を目指…Read more

これからの売却

任意売却とは、所有する不動産のローン返済が滞った時に、競売を…Read more

関連リンク

アーカイブ